住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないための工夫

我が家はまだ築5年ほどのマンションのため

★ 38歳 : 女性の話
我が家はまだ築5年ほどのマンションのため、まだきれいな方だと思いますが、住まいはいつもきれいなままで保ちたいと思っています。住んでいればどんどん居室内は古くなっていきますが、それでもある程度の努力で、住まいを古く見せないことはできると思います。
我が家は壁紙など基調となる色が白なので、特に汚れが目立ちがちです。
このような汚れがあちこちに付いていると、特に汚く古く見えてしまいます。なので、なるべく壁の家族がよく触れる部分については汚れを発見したらすぐに掃除をするようにしています。その場ですぐ掃除をすると、大掃除をしなくて済むという利点もありますので、一石二鳥ですね。
また、カーテンやテーブルクロスなどは、きれいな色を使うようにしています。色味がきれいなものは、たとえ壁や天井が多少古びていても、それを補う働きがあるように思います。特にカーテンは面積も大きいので、なるべく発色が美しいものを選んだ方が、部屋が明るく見えます。部屋の印象が明るければ、多少の住まいの古さはカバーできると思います。

お勧め情報

Copyright (C)2017住まいを古く見せないための工夫.All rights reserved.