住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないために

★ 35歳 : 女性の話
住まいを古く見せないために、家の中はもちろんのこと、外回りも、家族総出で定期的に大掃除をしています。掃除をこまめにすることで、いつまでも家は綺麗なままであり続けることができますし、取り扱いも丁寧にすることで、家自体は古くは見えては来ません。
業者を使ってハウスクリーニングをするという事もできますが、出来るだけ自分たちで綺麗な状態を保っていれば窓のサッシが壊れたりすることはなく、水回りに関しても常に気をつけているので、壊れることも少ないです。
外の庭の草木に関しても、定期的に剪定したり、草むしりをしたりしていますので、庭も綺麗に保つことで、古くは見えて来ません。家具も磨くといつまでも綺麗です。
我が家の食器棚は40年近く経過していますが、今でも普通に使用することができています。
どうしても壁などが色落ちしたりする場合は、自分たちでは直せないので、業者に依頼して塗替えをしてもてもらったりしています。

お勧め情報

Copyright (C)2017住まいを古く見せないための工夫.All rights reserved.