住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せない方法にはいくつか有りますが

★ 42歳 : 男性の話
住まいを古く見せない方法にはいくつか有りますが、その目的によって取るべき方法も異なって来ます。家のタイプも関わってくると思います。私は建築関連の仕事にも携わった事あるので、いくつか自分で出来る物も交えてアドバイスすると、一軒家の外見の見た目が古めかしく見える大きな原因は、やはり鉄製部分の錆になると思います。
特に我が家は海風が当たるので、家は元より、昔は車のボディーもその海風でかなり錆びました。
対応策としてはやっぱり、定期的にペンキを塗る事でしょう。父を手伝って、私も結構ベランダや柱を塗ったものです。
目を内部に移すと、最初にやるべきは壁紙をクロスで模様替えする事でしょう。これはかなり安上がりなリフォームです。
タイルを使っている部分で目地が有る場合、そこが汚れて古臭くなるので、目地補修材を使って綺麗にしましょう。その時にコーティングまで施しておけば、かなりの年月綺麗さを保っておけるはずです。

Copyright (C)2017住まいを古く見せないための工夫.All rights reserved.