住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないための工夫

家が古くなってくると、どうしても印象が悪くなります

★ 42歳 : 女性の話
家が古くなってくると、どうしても印象が悪くなります。
しかし工夫すると、新しい家よりも古くて雰囲気がある素敵な家にみえるのではないでしょうか。そのためには、ペンキなどをきちんと塗って古びた印象にしないことが大切です。
メンテナンスをこまめにして、古いけれどきちんとした印象を醸し出すことが大切です。

家の中も古くて汚い感じになってきたら、ペンキを塗るなどするとよいです。
柱などもペンキを塗ると違った印象になり、古民家のような雰囲気を出すことができます。新しい家には出すことができない雰囲気なので、新しいより古い家のほうがいいな、なんて思わせることができます。天井なども梁があれば、ペンキで塗ってしまうとよいです。
ドアなども古くなってきたらペンキを塗り、小さな窓があればガラスを外して、小さなステンドグラスをはめ込むと、アンティークの素敵なドアに大変身して、とても感じが良くなると思います。いろいろ工夫してみると楽しいでしょう。

お勧め情報

Copyright (C)2017住まいを古く見せないための工夫.All rights reserved.