住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないための工夫

住まいが古く見えるのは、壁が劣化するからです

★ 26歳 : 女性の話
住まいが古く見えるのは、壁が劣化するからです。
内装であれば定期的に壁紙を交換します。カビが生えていて変色している場合は業者を呼んで、完全に除去してから新しい壁紙を貼りましょう。それだけでかなり美しくなります。
設備が古い部分についてはリフォームをすることも考えましょう。台所、トイレ、お風呂の水回りは時代によってデザインが変わって行きます。水回りについては、時代に合わせたアップデートするリフォームをするのがいいでしょう。
太陽光発電設備を導入するのも、家を新しく見せます。自家発電をすることで光熱費の削減ができ、さらに家をオール電化仕様にリフォームすることによりガスの契約を打ち切ることすらできるのです。
太陽光発電設備を導入するのと同時に水回りのリフォームを行い、ガスを使わないタイプに換えてしまいましょう。調理用器具もIH式のオール電化仕様に交換してしまいます。家具や備品もリフォームに合わせて変わって行けば、家は少しも古く見えません。

Copyright (C)2017住まいを古く見せないための工夫.All rights reserved.