住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないための工夫

お向かいの家に業者が入り、みるみるうちに足場が出来ていきました

★ 48歳 : 女性の話
お向かいの家に業者が入り、みるみるうちに足場が出来ていきました。
毎日のように、早朝から業者さんがやってきて、トンテンカン。うるさいなぁと思いつつも観察してみると、なかなか面白いものもあります。お向かいは築何年たつのでしょうか。何年というよりも、何十年と言った方がいいでしょうか。
私が引っ越してきても、かなり経つのですが、その時からすでに古い住宅だったんです。
ですが、毎日観察していくと、徐々に今風の外壁を付け、完成したときは我が家よりも新しい住宅に見えました。
さらに足場を外したから、もう終了と思っていたら、違う業者さんが入ってきて、次は内装工事をしていました。
住宅はしっかり建築されると、外装と内装を変えるだけで、まだまだ壊さなくても使えるんですね。びっくりでした。

実は、お向さんはしばらく空き家だったのです。
ですがその後、若い夫婦が入居しごあいさつにやってきました。
古かった家も、古く見せないための工夫がそこにありました。
つまり、改築工事をするだけで、まだまだ現役を保てるんですね。

お勧め情報

Copyright (C)2017住まいを古く見せないための工夫.All rights reserved.