住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないための一番の工夫は

★ 44歳 : 女性の話
住まいを古く見せないための一番の工夫は、思い切ってリフォームをしてしまうことだと思います。リフォームをすることで、汚れた天井や壁などが見違えるようにきれいになりますし、明るい色の壁紙や天井の素材を使えば、空間そのものが明るくなることは間違いありません。
さらには、窓を新しくして、床を変えるのも効果的でしょう。畳敷きだったのをフローリングにすれば一気に洋室の雰囲気に変わり、華やいだ感じになることうけあいです。
また、外壁も汚れて傷んだままにしていると、古びた印象を与えます。そこで思い切ってきれいな色に塗り替えると同時に、物干しやベランダも新しくすることで、外観もすっきり美しく見せることができます。
リフォームはお金のかかることですが、材料はそれこそ安いものから高いものまで幅広く揃っています。せめて安いものの中から選ぶことで費用を抑えつつ、住まいを古く見せない仕上がりになるのではないでしょうか。

お勧め情報

Copyright (C)2017住まいを古く見せないための工夫.All rights reserved.