住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないための工夫

住まいは、初めはきれいな状態になっていますが

★ 37歳 : 女性の話
住まいは、初めはきれいな状態になっていますが、どんどん年数が経つうちに古くなっていって、汚れてきたりしてしまいます。毎日掃除はきちんとしていたとしても、どうしても毎日の生活している間にほこりなどが貯まってしまって、汚れになってしまいます。
住まいを古く見せてしまうのが、壁紙です。
タバコを吸っている家庭などは、特に汚れやすく黄ばんできたりしてしまいます。そういった汚れをつけないためにも、家の中での喫煙は控え、ある決められた場所での喫煙を心がけすると、少しでも汚れにくくなります。
また、普段からあまりものを置き過ぎないようにして、掃除のしやすい環境にすることが大事です。
物がごちゃごちゃしてしまっていると、それだけでも汚れてしまいます。また、整理整頓できるように、決められたものの場所はしっかりと確保しておき、いつでも決まった場所にものを片付けることができるようにしておくことが大事です。
毎日やっていれば特に掃除も大変ではないです。

Copyright (C)2017住まいを古く見せないための工夫.All rights reserved.