住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないための工夫

古い家は賃料が安くて広いなど、色々なメリットがあります

★ 56歳 : 男性の話
古い家は賃料が安くて広いなど、色々なメリットがあります。そういう住まいに住まわれている方も多いでしょう。わが家も娘が高校生になるまでは、そんな古い家に住んでいました。
暮らし始める時に、気になるところはリフォームしたのですが、少々リフォームしたくらいでは、そこはかとなく古さというのは残るものです。
それで難しい大工仕事などは必要ない、時間のある時に簡単にできる工夫をコツコツとしていました。

最初に気になったのが玄関ですが、これは張りつけるだけでOKな玄関シートを購入して張りました。
部屋も、リビングはコルクマットを少しずつ買い足して敷きつめました。
それと、家の中のインテリアは統一感を出せるものを揃えました。
購入した家電のカラーがブラックだったことから、クールなブラックで統一しました。
家電や家具が同系色になることで統一感ができ、古く見えない快適な住まいにすることができました。

これらは、日曜大工が得意ではない方でも手軽にできる工夫です。

Copyright (C)2017住まいを古く見せないための工夫.All rights reserved.