住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないための工夫

古くなった住まいは

★ 30歳 : 男性の話
古くなった住まいは、壁に傷がついていたり、少し汚れがあったりするものです。
私はこうしたときに、年に数回メンテナンスをするようにしています。
例えば、水周りの清掃をしていると急な来客があっても大丈夫なものです。
友人や知り合いが自宅に訪れたときに、まず家のどこをみるかというと、トイレだと思います。こうしたときにトイレを綺麗にしておくことで、古くなった住まいでも綺麗な家だと実感してもらうことができますので、特にトイレには気をつけるようにしています。
また、玄関に花を飾るのも良い方法だと思います。花を自宅に飾ると、古い家でも一瞬で部屋の中が明るくなり、きれいに見えるものです。
また自分のこころも花を見ることで明るくなりますので、玄関や自分の好きな場所に花を飾ることは、非常に大きなメリットがあると思います。
古い家といっても、工夫しだいで綺麗に見せることができますし、また気持ちよく使うことも可能です。
まずは小さなことから始めて自宅を楽しい空間にしていきましょう。

Copyright (C)2017住まいを古く見せないための工夫.All rights reserved.