住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないための工夫

一戸建てに長く住んでいるとそれだけ家が傷んできます

★ 31歳 : 女性の話
一戸建てに長く住んでいるとそれだけ家が傷んできます。難しいのが、住まい全体が古くさくなってしまった時です。
わかりやすく修理が必要な部分は直せます。
しかし古いという印象をなくすというのは、漠然としていて難しいです。

新しい印象の住まいに見せるには、きちんと整備していることがまずひとつです。
掃除や目に見える汚れは落としておくといいでしょう。きれいな外観というだけでも印象が全然ちがいます。外壁の塗装や屋根のペンキも定期的にチェックしておくとよいでしょう。遠くからでも新しく縫ったペンキは見えるものですから、日ごろからチェックして塗り替えをしておくとよいでしょう。ペンキも耐久性能に優れた高機能のものが増えてきます。水はけもよいですし、一度塗れば長持ちして、家全体の老朽化も防いでくれます。
さらに見た目もよくなるので、屋根のペンキというのは重要な部分です。
自分で塗るのもいいですけど、高い所に登るわけで、ある程度の危険もありますから、ペンキ塗り替えをしてくれる業者を利用すると安全です。

Copyright (C)2017住まいを古く見せないための工夫.All rights reserved.