住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないための工夫

私の住んでいる家の近くに

★ 38歳 : 男性の話
私の住んでいる家の近くに、雑草がぼうぼうと生えているだけでなく、ガラクタがあちこちに散乱している家があります。いわゆる「ゴミ屋敷」といわれる家で、近隣からも苦情が出ているようです。

その「ゴミ屋敷」といわれる家自体は、そんなにデザインが古いわけでもない現代的な家であるのに、本当にもったいないことだなと思います。私たち一家が引っ越してくるちょっと前に建ったというので、確かにそれほど古い建物でもなさそうです。
それなのに家の周りがとても汚いだけで、とても古ぼけて小汚く見えます。このように、それほど古くない家でもきちんと手入れをしていないだけでぐっと古く汚く見えてしまうんですよね。
逆を言えば、古い家でも庭などをちゃんと手入れしてこぎれいにしておけば、古く見えないということです。
もちろん紫外線や風雨で傷んだ外壁や屋根などのメンテナンスは重要ですが、家の周りを常にきれいに整えておこうとする、ちょっとした心がけが住まいを古く見せないコツだと思います。

お勧め情報

Copyright (C)2017住まいを古く見せないための工夫.All rights reserved.