住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないための工夫

自分が住んでいる家は

★ 34歳 : 男性の話
自分が住んでいる家は、使っているうちにどんどん古くなっていくものです。
経年劣化は仕方ないですが、住まいを古く見せないための工夫はいくつか存在します。
その一つがリフォームで、築年数は相当古いにも関わらず、新築と見まごうばかりの外観になるのです。
これは今の建築技術なら十分に可能なことで、古い住居に住む人たちが現在の最新技術を取り入れて生活するために、欠かすことのできないステップになっています。また、あえて木材を多用し、劣化しにくいコーティングを施したりすることで、見た目の劣化速度を遅らせることができます。これなら雨や風などの影響も最小限に抑えられます。外壁塗装の際に使われる塗装剤などもかなりコーティング力が強い物になっているのです。

私たちが暮らす住居は住んでいれば必ず古くなります。それを知った上できちんとケアし、汚れを目立たないように毎日掃除をし、こまめにチェックをすることこそ、住まいを長持ちさせる一番簡単な方法といえるのです。

Copyright (C)2017住まいを古く見せないための工夫.All rights reserved.