住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないための工夫

住まいを古く見せないようにするために工夫をしていることというと

★ 38歳 : 女性の話
住まいを古く見せないようにするために工夫をしていることというと、基本として掃除があげられます。毎日掃除をしておくことによって、ホコリや汚れを適切に取り除き、家の中の設備が古くなることを避け、更に長持ちさせることが可能となります。更に毎日掃除を怠らないことによって、古くなっている部分を定期的に補修することによって、更に長持ちさせられるのがよいところです。

なお、通常よりもスピーディーに、ある一定年数がたった部分を補修することが大切です。
たとえば、毎月ワックスを床に塗ることを忘れないようにしておくこと、窓拭きも定期的に行うことで、更に窓ガラスなどの状態を確認すると同時に、窓の桟などの汚れにも気づきやすく、桟などの部分の痛みなどの対策をも可能となります。
また、数年ごとに壁紙を張り替え、プチリフォームなどを実行することも、掃除が行き届いているからこそできることです。
信頼性の高いアイテムを定期的に活用しておくことによって、住まいをいつでも古く見せないように工夫できるのです。

お勧め情報

Copyright (C)2017住まいを古く見せないための工夫.All rights reserved.